上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電撃大王 2008年 03月号
電撃大王 2008年 03月号

今月の電撃大王を買って来ました。唯一私が毎月購読している月刊誌です。
「よつばと!」「苺ましまろ」が読みたくて、買おうかどうか迷っていた漫画雑誌なんですが、でじぱらというお話が面白くて買い始めた雑誌です。
でじぱらはデジモノ好きなら間違いなく面白い漫画で、普段知らないような知識がわかりやすく解説されているので結構面白いのですよ。 参考にWikiPedia「でじぱら」

そんな今月のでじぱらですが、今回はオーディオマニアのてまりんがメインの音に関係お話でした。
冒頭で、てまりんが「オーディオチェックCDを手に入れました~!」と言って登場するんですけど、手に持ってるCDってたぶんコレじゃないですかね?
オーディオ・チェックSACD
オーディオ・チェックSACD
DENONのオーディオチェックCDって書いてあるし。SACDですし、絵柄一緒だしw 間違いないかな?

 このCDを使ってのオーディオチェックをするお話で、最初に流れている音は「ザーーーッ」なのでホワイトノイズぽいですが、その次にサイン波の1kHzのチェックが入ります。

 よくテレビの放送終了後に流れているカラーバーと一緒に「ポーーーッ」って鳴るあの音です。あの音が音声信号の基準音というのは初めて知りましたよw
 その後も周波数が100Hz、10kHz、15kHzと上がって行きます。この音がどれくらいまで聞こえるのか?チェックしているみたいで15kHzくらいまで行くと人によっては聞こえない人も出てくるみたいですね。

 漫画に出てきたこのオーディオチェックは「WaveGene」というフリーソフトで簡単にチェックできるのですが、たまたまHDDに入っていたので自分も試したところ15kHzは普通に聞こえましたよ~ (よかった~w

 ●テスト信号発生ソフト WaveGene (efu's page)

 このオーディオチェック。わりと面白いのでちょっと時間ある人は試してみてはいかがでしょうか?
 使い方は簡単で、起動したらWave1の部分をサイン波にしてその下の周波数をいじって行けばいいだけです。

 始めに1000Hz(いわゆる「1K・いちけー」というらしい)から初めて、徐々に周波数を上げていきましょう。15kHzくらいまで聞こえれば文句ないんじゃないでしょうか?人によっては20kHzくらいまで聞こえるみたいですね。
 (ちなみに人が聞くことが出来ないとされる犬笛は30kHzで、漫画の中のけんじくんはそれを何となく感じ取れているみたいですねw)

WaveGaneでオーディオチェック


 あとは最後に出てきたガラスCD。存在自体初めて知りましたが1枚20万円はさすがに無いわ。と思いましたね…
 ぐぐるとあっさり見つかるのですが、コメント見ると批判の声ばかりです(^^;
1枚20万円ってどんな音? 「ガラスのCD」聴いてみた : DIGITAL WAVE : J-CASTモノウォッチ
 値段が値段ですからねぇ… 私は緑色盤面のSACDとかで満足ですよ~

FC2Ad

I have found spring!

CLARE ZONE

Carpet Moss phlox

Twitter

最新記事

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

管理人オススメ!

と言う名の、自分が買う物リスト


B005MNOC90
リトルバスターズ! Converted Edition 予約特典:スペシャルドラマCD 付き

このBlog内を検索

About

  • このサイトは飽きっぽい管理人の思うままにページが更新されます。テーマとか有りません。ただのオタクですから!!
    管理人は東方大好き、ひぐらし大好き、同人音楽大好き、そして鍵っ子です。人生の大半をアニメ視聴についやしています。
  • 当サイトの表示確認は適当です。たぶん大丈夫
  • サイト名は「CLARE ZONE」
  • 管理人:CLARE(クレア)です。
  • なにかありましたら「clare2zone(あっと)yahoo.co.jp」までどうぞ。

RSSフィード

All Entries

全タイトルを表示

視聴アニメリスト

Googleカレンダーに切り替えました。しょぼいカレンダーの予定を表示します。

Tumblr

最新コメント

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。